英語専門塾 - EUGENIC

英語による国際資格重視の海外進学塾

教育方針

教育目標として掲げているのは世界で必要とされることを英語で行うということです。教科としての英語ではなくコミュニケーションツールとしての英語を学びます。孤立化した島国、日本では世界と接する機会が非常に少ないのが現状です。根本には入試を基礎に置き、様々な視点からトピックに触れていきます。情報を与えるだけの教師中心の学習ではなく、参加型のインタラクションを行います。異文化理解、哲学、宗教などの国際舞台で必要となる多様なトピックを4技能で統合して指導します。

習得すべき力とは?

成績を上げることを大前提として上記の指導を行います。日本では成績が評価されます。同時に海外の大学進学を視野に入れ、英語検定やTOEICなどのアジアのみでしか認められていない資格だけでなく、TOEFLやIELTSなど国際資格を最終目標に掲げます。海外進学には必須の資格となります。その上に第二言語でのコミュニケーション自己表現力、グルーバルカリキュラムを採用し、国際舞台で戦えるまでの力を身につけることを目標にしています。

課題

pre

プリフレシャーズの課題

freshers

フレシャーズの課題

basic

ベイシックの課題

seminar

セミナーの課題

post

ポストセミナーの課題

教育内容

EUGENICでは世界各国からの輸入教材を使用、さらに改訂を加えたオリジナル問題を使用しています。通常の予備校や塾とは産出量(アウトプット)で一線を引いています。日本の教育システムは英語を理解することのみに留まっています。言語を使って表現する環境を提供します。ディベート、討論、映像教育が主となる革新的な教材の一部です。多種多様な活動を通し、生徒の内発的動機を高めることが、国際舞台での言語力の第一歩です。

教育目標

大学進学後の人生設計のサポートです。日本の大学、海外の大学の何れにしても学生はより大きい広い世界で自分自身のポテンシャルを発揮する場となります。自分自身を表現する力を身につけることが、これからのグローバル社会では不可欠となります。ただ単に英語が話せること。その先にある物を我々は追求し続けます。